病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

2016診療報酬改定情報「診療報酬改定について」厚生労働省報道発表資料

厚生労働省の報道発表資料として、「診療報酬改定について」が2015年12月21日(月)に掲載されました。

f:id:isomed:20160111225652j:plain

上記引用:診療報酬改定について |報道発表資料|厚生労働省

 

正直に言って、今回の改定もまた、病院全体の収入でみたら、かなりマイナスですね。
厳しいのではないでしょうか。
本体部分は、プラスとのことですが、薬価でマイナス1.22%と減額です。
ニュースでは、これを、本体部分の診療報酬プラス改定の部分を強調して発表されてしまうので、たまりませんな。
いろんなニュースみてると、全体は8年ぶり減額とかありますが、消費税の増税分のことを考えたら、前回改定も実質マイナス改定だったわけですよ。

 

年々医療費が増えているのは、年々、医療にかかる人が増えているためが大きいのに、そこを、診療報酬を安くすることで減らそうとすること自体無理があることに、いつになったら気付くのでしょう。
現場はすでにキュウキュウですよ。民間は特に。
仕事は増えるのに、上がらない給料、働けど働けど暮らしは楽にならず。
そして、つぶれる。
まあ、少し愚痴を言いました。

 

さてさて、今回の改定、この他にも、マイナス改定部分がありそうなことが、「上記のほか・・・」の部分からも推測できますね。
「適正化」うまい言い回しですね。

 

もっと具体的な発表を見てから、実際にどの程度の影響度合いとなるのかシミュレーションが必要でしょう。
また考えねばなりませんね。