病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

病院関連事件「勤務時間内に業務に関係のないインターネットサイトに接続し停職1カ月の懲戒:肥前精神医療センター」

勤務時間内に業務に関係のないインターネットサイトに接続し停職1カ月の懲戒

『独立行政法人国立病院機構は8日、勤務時間内に業務に関係のないインターネットサイトに接続したとして、

(佐賀県神埼郡吉野ケ里町)の看護師(54)を停職1カ月の懲戒処分にした、と発表した。

国立病院機構九州グループ担当理事部門によると、看護師は昨年6~7月、約10回にわたり共用パソコンで勤務時間内に業務とは無関係のサイトに接続した。サイトの内容は「公表できない」としている。定期の院内調査で判明した。看護師は行為を認め、反省しているという。

引用:勤務時間にネット接続、看護師を停職1カ月 サイト内容「公表できない」 佐賀・肥前精神医療センター (佐賀新聞) - Yahoo!ニュース

 

f:id:isomed:20160110110944p:plain

 写真引用:肥前精神医療センター - 独立行政法人 国立病院機構 - 佐賀県 吉野ケ里町 -

 

公務員は法的に、職務専念義務が規定されています。

国家公務員法第96条及び地方公務員法第30条では、公務員の服務の原則として「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と規定される。
さらに国家公務員法第101条第1項前段では、「職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」、
地方公務員法第35条では「職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」とそれぞれ規定されており、勤務時間中の職務専念義務は明記されている。

引用:職務専念義務 - Wikipedia


公務員に限らず、一般の会社員も、就業規則等の労働契約に職務専念義務が規定されていると思います。一般人の場合は法的ではないのですが、それでも裁判になれば職務に専念する義務があるということは支持されます。

つまり、給料をもらって働いている者はたいてい誰でも、その勤務時間中には、職務に専念する義務があるのです。ごく普通に働いている者には当然のことと思えるですが、残念なことにそのことを忘れてしまう者がいるのです。
「勤務中に暇だったから、別のことをしていた。仕事を指示しなかったから悪いのであって、怒られるなんて筋違いだ」なんていうのは通用しません。
看護師に限らず、どの職種の者も、そこのところを再認識させる教育の場が必要なのかもしれませんね。
ただ、そもそも所属長が、それを許さないということが必要なだけなのかもしれません。こちらの病院では、指導徹底をするとのことですが、規律が緩かったのでしょうね。