読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請を、急いでする必要は無さそうかもしれません

情報セキュリティ

平成27年10月から、住民票を有する国民の皆様一人一人に12桁のマイナンバーの通知が行われ、私の手元にも無事に届いています。
この通知に同封して、マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法についても説明がありました。

 

この個人番号カードですが、下記に利用できるとあります。

・本人確認のための身分証明書
・e-Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請
・図書館利用証や印鑑登録証など各自治体が条例で定めるサービス

 

しかし、今のところ、身分証明書としては運転免許証を持っていますし、電子申請しなければならない手続きも特にないですし、自治体のサービスも、現在住んでいる地域では特にこれに使えますっといった宣伝もありません。
つまり、使える場所が特になさそうなのですね。
発行してもらっても、しまっておくだけになりそうです。

 

しまっておくだけでも、別に発行しても良いと言えば良いのですが、実は、個人番号カードには下記のような有効期限があります。

・発行の日から10回目の誕生日

・20歳未満については、容姿の変動が大きいことから、5回目の誕生日

 

マイナンバーは、一生一つで変更されない番号なのですが、個人番号カードにしてしまうと、更新が必要になってしまいます。
しまっておくだけで使わないのに、定期的に手続きが必要となってしまうのですよ。
これは面倒ですね。

 

なにか便利に利用できる、あるいは、カードの持ち歩きが必須になるような何かがあれば、申請しようと思いますけど、そうでなければ、発行するだけ面倒なだけのようです。
ここはしばらく、様子見をしておくのが良さそうに思えますね。

 

詳しくは、内閣官房のページや、総務省のページでご確認ください。f:id:isomed:20160110142235j:plain

引用:マイナンバー社会保障・税番号制度

参考:総務省|マイナンバー制度と個人番号カード