読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

ICU、HCUの看護必要度も見直しがあります「特定集中治療室等における重症度、医療・看護必要度の見直し」平成28年度診療報酬改定(2016)

診療報酬改定2016 病院情報 看護関連情報

平成28年(2016年)の診療報酬改定にて「特定集中治療室等における重症度、医療・看護必要度の見直し」を行うことが検討され決定しています。
その内容がほぼ固まってきたので、報告しておきます。

【Ⅰ-1(医療機能の分化・強化/入院医療の評価)-⑥】
特定集中治療室等における重症度、医療・看護必要度の見直し

第1 基本的な考え方

特定集中治療室等における重症患者に対する評価を充実させるとともに評価の簡素化を図るため、特定集中治療室用及びハイケアユニット用の「重症度、医療・看護必要度」の見直しを行う。

 基本的な考え方としては、評価方法が少し簡素化され、また、判定基準が少し低くなりました。

第2 具体的な内容

1.特定集中治療室用の「重症度、医療・看護必要度」のA項目、B項目及び基準について見直しを行うとともに、特定集中治療室管理料の施設
基準の見直しを行う。

f:id:isomed:20160211211838j:plain

f:id:isomed:20160211211852j:plain

ICUについては、現行、基準を満たす対象患者が1&2で9割必要だったのが、8割になります。また、3&4で8割必要だったのが、7割になります。
少し条件が緩和されたということです。

評価項目についても少し変わります。
「A項目が3点かつB項目が3点以上」という条件が「A項目が4点かつB項目が3点以上」に変更になります。いっけん、Aが1点あがって厳しくなったかに思えますが、評価点数が、「④動脈圧測定2点、⑤中心静脈圧測定2点、⑥人工呼吸器の装着2点、⑦輸血や血液製剤の管理2点、⑧肺動脈圧測定2点、⑨特殊な治療法等2点」と増加します。そのため、こちらも少し緩和されたとみて良いでしょう。

B項目についても、「②起き上がり1点、③座位保持1~2点」が無くなってしまいましたが、かわりに、「④食事摂取1~2点、⑤衣服の着脱1~2点、⑥診療・療養上の指示が通じる1点、⑦危険行動2点」と評価項目が増えることになるので、こちらについても緩和されたと考えて良いです。

こちらについては、今、算定できているところは、条件が軽くなるので、なにも心配することはないと考えています。

 

第2 具体的な内容

2.ハイケアユニット用の「重症度、医療・看護必要度」のB項目について、評価の簡素化を図るため、一般病棟用の評価と統一する。

f:id:isomed:20160211212913j:plain

HCUについては、評価の簡素化を図る目的で一般病棟の基準に合わせるように評価項目が変更となります。
B項目が「7点以上」だったのが、評価項目が減るかわりに、「4点以上」ということになりました。
評価項目的に、HCUに入っている患者さんであれば、該当しそうな項目が多いので、こちらについても少し条件が緩和されたとみています。

問題ないと判断しますが、気になるようでしたら、「一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の見直し」のシミュレーションと同じように、何かテストしてみると良いでしょう。

例えば、残っている項目の内容については同じなので、残った項目で集計をして、一部点数を変更して、該当割合がどう変化するかを考えてみたらよいと思います。

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)