病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

介護支援連携指導料と退院時共同指導料変更のシミュレーション検討「医療機関間の連携と退院支援に向けた評価の充実」2016診療報酬改定

2016年診療報酬改定の「個別改定項目について」(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)から、 中小規模一般急性期病院で気になる点についてまとめてます。
今回は「医療機関間の連携と退院支援に向けた評価の充実」について考えてみたいと思います。

介護支援連携指導料及び退院時共同指導料について、現行の算定要件、施設基準のままで、点数が増額されることになりました。

【I-3-3(医療機能の分化・強化/地域包括ケアシステムの推進)-②】医療機関間の連携と退院支援に向けた評価の充実

 

第1 基本的な考え方

医療と介護の連携及び入院から在宅への円滑な移行を推進する観点から、これらの取組みに関する評価の充実を図る。

第2 具体的な内容

介護支援連携指導料及び退院時共同指導料について、評価の見直しを行う。

f:id:isomed:20160223202355j:plain

この改定により、介護支援連携指導料で1.33倍、退院時共同指導料1の1と2では1.5倍、退院時共同指導料2で1.33倍の増加となります。

算定要件にも、施設基準にも変更がないため、現在算定できている施設は単純に算定している数をかけることで、シミュレーションできるので特に悩むこともないと思います。
嬉しい改定だと思います。

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)