読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

点数増とともに算定要件や施設基準が厳しくなった「ADL維持向上等体制加算の施設基準の見直し」診療報酬改定2016

平成28年度(2016年度)診療報酬改定の「個別改定項目について」(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)から、 中小規模一般急性期病院で気になる点についてまとめています。

この改定で、リハビリテーションについての変更点はいろいろありますが、今回は「ADL維持向上等体制加算の施設基準の見直し等」について検討してみます。 

【Ⅱ-3(患者の視点等/リハビリテーションの推進)-③】ADL維持向上等体制加算の施設基準の見直し等

第1 基本的な考え方

ADL維持向上等体制加算にかかる現行の評価、施設基準を一部見直し、急性期における早期からのリハビリテーションの実施を促すとともに、質や密度の高い介入を行っていると認められる病棟の評価を充実させる。

第2 具体的な内容

1.ADL維持向上等体制加算を増点し、内容を充実する。

【一般病棟入院基本料】
注12 ADL維持向上等体制加算 80点
※特定機能病院入院基本料、専門病院入院基本料のADL維持向上等体制加算についても同様
 
[算定要件]


ア)~カ)略
キ) 自宅等、想定される退棟先の環境を把握し、退棟後に起こりうるリスクについて、多職種のカンファレンスで共有していること。
ク) 必要に応じて他の職種と共同し、機能予後について患者がどのように理解しているかを把握し、多職種のカンファレンスで共有していること。
ケ) 必要に応じて他の職種と共同し、患者が再び実現したいと願っている活動、参加について、その優先順位と共に把握し、多職種のカンファレンスで共有していること。

②専従又は専任者を含む5名以下の常勤理学療法士等を定めた上、当該者のいずれかが当該病棟で実際に6時間以上勤務した日に限り算定できる。
 
[施設基準]
当該病棟に、専従の常勤理学療法士、常勤作業療法士又は常勤言語聴覚士(以下「理学療法士等」という。)が2名以上又は専従の常勤理学療法士等1名と専任の常勤理学療法士等が1名以上配置されていること。

現行の25点と比べると3.2倍となる80点になります。ただし、算定要件が少し厳しくなり、施設基準がかなり厳しくなります。大幅な点数アップとも言えますが、ただ、何もしなければ、取れなくなるので、マイナス改定とも言えますね。
残りの要件については従来通りなので、今までの算定量を単純に3.2倍して、病棟専従の職員を置いた場合のコストとを比較してみると、だいたい判断できるのではないでしょうか?

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)