読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

平成28年度診療報酬改定で、算定期間が短くなってしまうようです「廃用症候群リハビリテーション料の新設」(厚生労働省)

診療報酬改定2016 リハビリ関連情報 病院情報

平成28年度(2016年度)診療報酬改定の「個別改定項目について」(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)から、 中小規模一般急性期病院で気になる点についてまとめています。

廃用症候群用のリハビリテーション料が別に新設されることになりました。

【Ⅱ-3(患者の視点等/リハビリテーションの推進)-⑤】廃用症候群リハビリテーション料の新設

第1 基本的な考え方

廃用症候群の特性に応じたリハビリテーションを実施するため、廃用症候群に対するリハビリテーションの費用を新たな疾患別リハビリテーション料として設ける。

特性に応じたリハビリテーションを実施するためとのことで分けられたようですが、分けられたことで、わかりやすくなったとも言えますが、それによって特性に応じたとまで言えるのかどうか。良くわからないところですよね。

第2 具体的な内容

廃用症候群に対するリハビリテーション料(Ⅰ)、(Ⅱ)及び(Ⅲ)を新たな疾患別リハビリテーション料として設ける。

(新) 廃用症候群リハビリテーション料
1 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)(1単位) 180点
2 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ)(1単位) 146点
3 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅲ)(1単位) 77点

[算定要件]

別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める患者(※)に対して個別療法であるリハビリテーションを行った場合に、廃用症候群の診断又は急性増悪から120日以内に限り所定の点数を算定する。ただし、別に厚生労働大臣が定める患者について、治療を継続することにより状態の改善が期待できると医学的に判断される場合その他の別に厚生労働大臣が定める場合には、120日を超えて所定点数を算定することができる。
(※)急性疾患等(治療の有無を問わない。)に伴う安静による廃用症候群であって、一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力及び日常生活能力の低下を来しているもの。

点数は今までと同様なのですが、算定可能な期間が減ってしまいました。180日→120日に減少です。残念なところです。

[施設基準]

(1)廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)につき、それぞれ脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)と同様。

(2)専従の常勤理学療法士、専従の常勤作業療法士については、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)又は(Ⅱ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、(Ⅱ)又は(Ⅲ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)又は(Ⅱ)、障害児(者)リハビリテーション料及びがん患者リハビリテーション料における常勤理学療法士、常勤作業療法士との兼任は可能であること。

(3)専従の常勤言語聴覚士については、第7部リハビリテーション第1節の各項目のうち専従の常勤言語聴覚士を求める別の項目について、別に定めがある場合を除き兼任は可能であること。

施設基準は、いままでとかわりがありません。
つまりですね、算定期間を短くするために、この「廃用症候群リハビリテーション料」を新たに作っただけですね。
以前の改定で大幅に点数を減らされて、さらに今回で期間まで短くしてきたということです。

[経過措置]

平成28年3月31日時点で脳血管疾患等リハビリテーション(廃用症候群の場合)を受けている患者については、当該時点の算定上限日数を適用する。

 経過措置として、3月末の時点ですでに開始となっている分に関しては、当該時点での算定上限日数とのことです。

 

【影響度シミュレーションの検討】

こちらの影響度合いを見るためには、現行の廃用症候群での点数(脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)の廃用症候群の場合の点数)を算定している120日越えの患者さんが、どの程度存在しているかを調べると良いでしょう。

 

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)