病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

経腸栄養「入院時の経腸栄養用製品の使用に係る給付の見直し」診療報酬改定2016

平成28年度(2016年度)診療報酬改定の「個別改定項目について」(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)から、 中小規模一般急性期病院で気になる点についてまとめています。

経腸栄養製品の使用に係る部分なので、主に関係するのは、看護部、栄養科でしょうか。確認をお願いします。

【Ⅳ-6(効率化等による制度の持続可能性の向上/医薬品等の適正評価)-⑤】入院時の経腸栄養用製品の使用に係る給付の見直し

第1 基本的な考え方

胃瘻患者等に対して用いられる経腸栄養用製品については、医薬品として薬価収載されているものと食品とがあるが、薬価基準と入院時食事療養費との間で給付額が異なっている。このため、給付額の均衡を図る観点から、食品である経腸栄養用食品について、以下の見直しを行う。

 

第2 具体的な内容

1.食品である経腸栄養用製品のみを使用して栄養管理を行っている場合の入院時食事療養費等の額について、一定の見直しを行う。
(1) 入院時食事療養(I)、入院時食事療養(II)、入院時生活療養(I)については、現行額から1割程度引き下げる。
(2) 入院時生活療養(II)については、既に給付水準が相当低い(1食につき420円)こと、また、全額自己負担の区分の患者もいることを踏まえ、当該見直しの対象外とする。

2.特別食加算を算定できる取扱いについて見直し、食品である経腸栄養用製品のみを使用する場合には、入院時食事療養費又は入院時生活療養費に含まれることとする。

 

【食事療養及び生活療養の費用額算定表】

第1 食事療養
1 入院時食事療養(I)
イ 入院時食事療養(I)1
(1食につき)640円
ロ 入院時食事療養(I)2
(1食につき)575円(新)

注1 イについては、(略)食事療養を行う保険医療機関に入院している患者について、当該食事療養を行ったときに、1日につき3食を限度として算定する。
注2 ロについては、(略)食事療養を行う保険医療機関に入院している患者について、当該食事療養として流動食(市販されているものに限る。)のみを経管栄養法により提供したときに、1日につき3食を限度として算定する。
注3 別に厚生労働大臣が定める特別食を提供したときは、1食につき76円を、1日につき3食を限度として加算する。ただし、ロを算定する患者については算定しない。
注4 略

2 入院時食事療養(II)
イ 入院時食事療養(II)1
(1食につき)506円
ロ 入院時食事療養(II)2
(1食につき)455円(新)

注1 イについては、入院時食事療養(I)を算定する保険医療機関以外の保険医療機関に入院している患者について、食事療養を行ったときに、1日につき3食を限度として算定する。
注2 ロについては、入院時食事療養(I)を算定する保険医療機関以外の保険医療機関に入院している患者について、食事療養として流動食(市販されているものに限る。)のみを経管栄養法により提供したときに、1日につき3食を限度として算定する。

 

第2 生活療養
1 入院時生活療養(I)
(1)食事の提供たる療養
①食事の提供たる療養1
(1食につき)554円
②食事の提供たる療養2
(1食につき)500円(新)
(2) 略
入院時食事療養(I)と同趣旨の改正を行う。

2入院時生活療養(II)
(変更なし)

経腸栄養用製品のみを使用して栄養管理を行っている場合は、入院時食事療養費等を見直されることになりました。
「入院時食事療養(I)」で、640円から575円に減ることになりました。また、「入院時食事療養(II)」で、506円から455円に減ることになりました。さらに「入院時生活療養(I)」で、554円から500円に減ることになりました。
どうなんでしょう。ある意味、使ってないから安くなるという面があるんじゃないかなと思うので、仕方ないでしょうね。

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)