読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

診療報酬改定2016での最重要ポイント「7 対 1 入院基本料の見直し」における看護必要度の変更シミュレーションの実施状況

診療報酬改定2016 看護関連情報 病院情報

平成28年度(2016年度)診療報酬改定の「個別改定項目について」(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)から、 中小規模一般急性期病院で気になる点についてまとめています。

一般急性期病院において、今回の改定における、最重要ポイントとなるのは、やはり7対1入院基本料維持のための、看護必要度25%以上堅持!でしょう。

【Ⅰ-1(医療機能の分化・強化/入院医療の評価)-①】7 対 1 入院基本料等の施設基準の見直し(一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の見直し)

皆さんの施設では、シミュレーションは実施できていますか?
当院では看護部が中心となり、看護師の皆さんの協力のもとで実施してもらえています。その結果を、こちらでもちらっとお伝えしてみましょう。現在、29%程度になっております。
なんとか看護必要度25%以上を達成していけそうです。

過去データを抽出してのシミュレーションの方では、直近の状況でだいたい27%~28%程度となりました。現行の評価項目で20%~22%程度でしたので、評価項目が変わることで6%~7%程度の上昇となりそうだということです。
つまり、過去の実績データを見てもらって、それに6%程度をプラスして、たえず25%以上を達成できているのでしたら、まあ、大丈夫な可能性が高いと考えて良いのではないでしょうか?
病院によって、手術の実施状況など違うでしょうから、一概には言えませんが、一般急性期の病院で、開腹や開胸の手術、骨の観血的手術などもかなりの件数があるのであれば、上記のような考え方で、見てもらえればと思います。

変更点についての 詳しい情報は、下記をご覧ください。

medical-info.hateblo.jp

シミュレーション方法の検討については、下記をご覧ください。

medical-info.hateblo.jp

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)