病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

急性期看護補助体制加算/看護職員夜間配置加算/看護補助加算(夜間看護体制加算)に関連する【厚生労働省 事務連絡 疑義解釈資料(その1)】平成28年度診療報酬改定

「厚生労働省保険局医療課」より「事務連絡」として、平成28年3月31日に、「疑義解釈資料の送付について(その1)」が公表されました。
今回は、【急性期看護補助体制加算/看護職員夜間配置加算/看護補助加算(夜間看護体制加算)】に関係する部分の疑義解釈になります。
※その全体について確認したい場合は、本文下の引用先をご覧ください。

「厚生労働省保険局医療課 事務連絡 疑義解釈資料の送付について(その1)」

【急性期看護補助体制加算/看護職員夜間配置加算/看護補助加算(夜間看護体制加算)】

(問43)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のうちアからウは、勤務計画又は勤務実績のどちらで満たしていればよいか。勤務実績の場合は、届出前1か月の実績を有していればよいのか。

(答)アからウの項目で施設基準を満たすのであれば、常時、勤務実績を満たしていること。届出に当たっては、届出前1か月の実績を有していること。

(問44)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のうちアからウの実績は、一時的に応援に来た当該病棟以外の看護職員も含むのか。

(答)当該病棟において夜勤を含む交代制勤務に従事した者であれば当該病棟以外の看護職員も含む。なお、この場合、当該病棟で勤務した時間において満たしていればよく、当該病棟以外で勤務した時間の実績は含めなくてよい。

(問45)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のア及びイの開始時刻及び終了時刻は、超過勤務した時間を含めるのか。

(答)含める。

(問46)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のイの「勤務開始時刻が、直近の勤務の開始時刻の概ね24時間後以降」とは、例えば、日勤(8-17時)をした翌日が早出(7時-16時)の場合は要件を満たすと考えてよいのか。

(答)直近の勤務の開始時刻の23時間後以降であれば、要件を満たす。

あれ?これは無理なのでは?って一瞬思ったのですが、そもそも「勤務の開始時刻の23時間後以降であれば、要件をみたす」だったのですよ。つまり、前日の勤務の開始時刻が、8時で、翌日は7時ということであれば、ぎりぎり満たすということですね。日勤の翌日に早出というのも、ままあることだと思うので、良かったです。

(問47)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のウの夜勤の数について、
①どのように数えるか。例えば16時間夜勤の場合は、16時間を1回の夜勤と数えるのか、それとも準夜・深夜と考え2回と数えるのか。
②夜勤と夜勤の間に休日を挟む場合は、連続しないと数えてよいか。

(答)
①始業時刻から終業時刻までの一連の夜勤を1回として考える。この場合、1回と数える。

②よい。暦日の休日を挟んだ場合は、休日前までの連続して行う夜勤回数を数える。

(問48)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目のエについて、

①「各部署の業務量を把握・調整するシステム」とはどのようなシステムか。
②各部署の業務量は把握しているが、既に適切な配置をしており病棟間の応援等の実績がない場合は、要件を満たさないのか。
③「各部署」は、当該加算を算定している病棟のみか。

(答)
①例えば、「重症度、医療・看護必要度」を活用して各病棟の業務量を一括で把握し、業務量に応じ一時的に所属病棟以外の病棟へ応援にいく等のシステムである。
②常に、夜勤時間帯を含めた各部署の業務量を把握・調整するシステムが構築されており、かつ、部署間での業務標準化に取り組んだ上で応援等は必要ないと判断したのであれば、運用実績があるとみなす
③特に限定していない。

業務量を把握し調整するシステムの具体的なシステムについて、もう少し特定してもらいたかったようにも思うのですが、逆に「こういったシステム」という指定が無いことで、何らかの仕組みを作って運用しているのであれば、たいてい該当するとみることもできるように思います。
運用実績について、実際に応援に行っているという実績を出さなければいけないのかと思っていましたが、そうでなくても良いようです。良かったように思います。

(問49)看護業務の負担の軽減に資する業務管理等に関する項目の院内保育所の設置について、
①毎日開所していないと該当しないのか。
②保育所が院内ではなく、同一敷地内に設置、道路をはさんだビルを賃貸して運営又は近隣の認定保育所と定員の一部を契約している等の場合は該当するか。
③病児保育のみを実施している場合は該当するか。

(答)
①院内保育所の保育時間に夜勤時間帯のうち4時間以上含まれる日が週5日以上ある場合は該当する。なお、4時間以上とは、連続する4時間ではなく、夜勤時間帯の中で保育時間が重複する時間の合計が4時間の場合も該当する。
②運営形態は問わないが、設置者が当該医療機関であること。
また、保育料の補助のみ等の実際に保育所を設置・運営していない場合は含まない。
③該当しない。

院内保育所は、やはりしっかりと設置している状態でないと認められないようです。
同一法人で経営している分のみで、費用サポートではダメということですので、当院のように、保育所を併設していない場合は、やはり無理ですね。

(問50)区分番号「A207-4」看護職員夜間12対1配置加算1あるいは看護職員夜間16対1配置加算を算定している場合に、急性期看護補助体制加算の夜間看護体制加算は算定可能か。

(答)算定可能。

(問51)区分番号「A214」看護補助加算の夜間看護体制加算について、看護補助者を夜勤時間帯に配置とあるが、
①この夜勤時間帯とは、病院が設定した夜勤時間帯でよいか。また、看護補助者の勤務時間が夜勤時間帯に一部含まれる場合は該当するか。
②毎日配置していなければいけないか。

(答)
①保険医療機関が定める夜勤時間帯のうち4時間以上、看護補助者(みなし看護補助者を除く。)を配置していればよい。
②週3日以上配置していればよい。

看護補助者を夜勤時間帯に配置している件で、一部含まれる形の勤務形態としている場合も認められることとなりました。ただし、夜勤時間帯のうち4時間以上配置していないといけないため、当院の場合は、5時から4時間以上で、夜の9時まで勤務してもらっていればよいということですね。そして、週に3日以上であれば、認められるということです。毎日でなくても良いということが驚きですね。

 

全体を確認したい方は、下記リンク先をご覧になってください。

引用:http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=344633&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000119348.pdf

 

f:id:isomed:20160119001912p:plain

引用・参考:

www.mhlw.go.jp

 

目次のページ:平成28年度診療報酬改定(2016)まとめ目次「個別改定項目について(中央社会保険医療協議会:厚生労働省)」中小規模一般急性期病院向け情報 - 病院看護医療情報Topics備忘録(Health and Medical Information)