読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをメモってまとめてる備忘録的なブログです。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

参加しませんか?「医療情報連携ネットワークの現状調査及び普及に向けた検討事業」についての入札公告が出されました

昨日8月30日に、厚生労働省より一般競争入札で「医療情報連携ネットワークの現状調査及び普及に向けた検討事業」についての公告が出されました。
募集された内容は、下記のように医療情報連携ネットワークの現状調査と普及についてのコンサルです。

「入札公告(医療情報連携ネットワークの現状調査及び普及に向けた検討事業一式)」

(1) 件名: 医療情報連携ネットワークの現状調査及び普及に向けた検討事業一式
(2) 仕様: 入札説明書及び仕様書による。
(3) 履行期限: 平成29年3月31日
(4) 納入場所: 支出負担行為担当官指定の場所
(5) 入札方法: 入札金額は総価を記載すること。 落札者の決定は、総合評価落札方式をもって行うので、総合評価に関する書類を提出すること。 なお、落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の8パーセントに相当する額を加算した額(円未満の端数切り捨て)をもって落札価格とするので、入札者は、消費税等に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
(6) 電子調達システムの利用:  本案件は、電子調達システムで行う。なお、電子調達システムによりがたい者は、支出負担行為担当官に書面により申し出た場合に限り紙入札方式によることができる。

 引用:入札公告(医療情報連携ネットワークの現状調査及び普及に向けた検討事業一式)|厚生労働省

f:id:isomed:20160119001912p:plain

詳しい内容は、上記の引用先をご覧ください。

 

履行期限は、今年度末です。今年度中に、再度、医療情報連携ネットワークの現状をまとめておきたいということでしょう。2016年度の診療報酬改定で新たに少しだけネットワーク連携での点数がついた(※詳しくはこちら→はたして地域医療連携ネットワークの構築が進むのか?「診療情報提供書等の電子的な送受に関する評価」)ので、その効果判定をしたいという思惑もあるように思います。ただ、正直に言って微妙すぎる点数なので、あまりネットワーク構築が伸びているとは思えないですね。

 

気になるところとしては、競争参加資格として、下記が記載されているところですね。

平成28・29・30年度厚生労働省競争参加資格(全省庁統一資格)において、厚生労働省大臣官房会計課長から「役務の提供等」で「A」、「B」又は「C」等級に格付けされ、関東・甲信越地域の競争参加資格を有する者であること。

今年だけでなく、来年、再来年も入札がありそうな予感ですね。ただし、ずっと関東甲信越だけのようです。全国的な調査ではないのでしょうか?なぜ、関東甲信越地域の業者に絞るんですか?

 

入札内容の詳細については、入札説明書が交付されているのと、9月14日に説明会が予定されています。ご興味がおありでしたら、ぜひ参加してみてください。
私は、関東甲信越地域でないので、参加しませんがw
良かったら、どんな内容だったのか、ぜひお伝えください。