病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをまとめている備忘録です。旬の話題は診療報酬改定2018。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

地域包括ケアシステムの取り組み強化「Ⅰ-1ー① 入退院支援の推進」:診療報酬改定2018中小規模病院向け情報

平成30年度診療報酬改定の「個別改定項目について」から、今回は、入退院支援の推進の項について検討します。退院支援から一歩進んで、「入」がついたところがポイントでしょう。

地域包括ケアシステムの取り組み強化「Ⅰ-1ー① 入退院支援の推進」:診療報酬改定個別改定項目2018

第1 基本的な考え方

住み慣れた地域で継続して生活できるよう、患者の状態に応じた支援体制や地域との連携、外来部門と入院部門(病棟)との連携等を推進する観点から評価を充実する。

基本的な考え方としては、退院前になってから、退院に向けた準備をするのではなく、もっと前から入っておきなさいということでしょう。入院前の外来時点から評価されることになりました。

第2 具体的な内容

1.現行の退院支援加算は、入院早期から退院後までの切れ目のない支援を評価していることから、加算の名称を「入退院支援加算」に見直す。

2.入院を予定している患者が入院生活や入院後にどのような治療過程を経るのかをイメージでき、安心して入院医療を受けられるような、より優しく丁寧な医療を推進する観点から、外来において、入院中に行われる治療の説明、入院生活に関するオリエンテーション、持参薬の確認、褥瘡・栄養スクリーニング等を実施し、支援を行った場合の評価を新設する。

(新) 入院時支援加算 200 点(退院時1回)

[算定対象]

(1) 自宅等(他の保険医療機関から転院する患者以外)から入院する予定入院患者であること。
(2) 入退院支援加算を算定する患者であること。

[施設基準]

(1) 入退院支援加算の届出を行っている保険医療機関であること。
(2) 入退院支援加算1、2又は3の施設基準で求める人員に加え、入院前支援を行う担当者を病床規模に応じた必要数、入退院支援部門に配置すること。
(3) 地域連携を行うにつき十分な体制が整備されていること。

[留意事項]

入院の予定が決まった患者に対し、入院中の治療や入院生活に係る計画に備え、入院前に以下の内容を含む支援を行い、入院中の看護や栄養管理等に係る療養支援の計画を立て、患者及び関係者と共有すること。
① 身体的・社会的・精神的背景を含めた患者情報の把握
② 褥瘡に関する危険因子の評価
③ 栄養状態の評価
④ 持参薬の確認
⑤ 入院中に行われる治療・検査の説明
⑥ 入院生活の説明
⑦ 退院困難な要因の有無の評価

具体的な内容としては、まず「入退院支援加算」に名称が変更されたということ。

2番として「外来において、入院中に行われる治療の説明、入院生活に関するオリエンテーション、持参薬の確認、褥瘡・栄養スクリーニング等を実施し、支援を行った場合」に、退院時に1回200点がつくようになりました。これは、自宅から入院する患者にしか付きませんので、紹介からの入院よりも、地域の自宅からの患者を多く受け入れている、地域に密着した中小規模の病院にとっても気になるポイントかと思われます。

そのために、入退院支援加算の担当者の人員とは別に、入院前支援を行う担当者を施設規模に応じて配し、地域連携を行うにつき十分な体制を整備しておかないといけないとのことですが、その具体的な内容が気になるところです。これからの追加情報を要チェックです。

3.入退院支援加算の対象である「退院困難な要因」に、虐待や生活困窮等により入院早期から福祉等の関係機関との連携が必要な状態及び小児における退院困難な場合を加える。

改定案
エ 虐待を受けている又はその疑いがあること
オ 医療保険未加入者又は生活困窮者であること
同居者の有無に関わらず、必要な介護又は養育を十分に提供できる状況にないこと

 入退院支援加算の対象となる「退院困難な要因」に虐待や生活困窮の項目が新たに加わり、介入対象が増えました。

4.入退院支援加算1の施設基準の一つである介護支援等連携指導料の算定件数の要件を、小児を専門とする医療機関や病棟の場合は緩和する。また、入退院支援加算1、2に小児加算を新設する。

・・・表省く

(新) 小児加算 200 点(退院時1回)

[算定対象]
入退院支援加算1又は入退院支援加算2を算定する15 歳未満の患者

ここでは詳しく検討しませんが、小児を専門とする医療機関については、要件が緩和され、新たに加算も付きました。

5.地域連携診療計画加算の算定対象に、入退院支援加算2を届け出ている医療機関を加える。

f:id:isomed:20180211105820j:plain

現行の退院支援加算の「地域連携診療計画加算 300点(退院時1回)」と、診療情報提供料(Ⅰ)の「地域連携診療計画加算 50点」の両方が、「入退院支援加算2」の算定病院でも算定可能となるということでしょう。中小規模の一般急性期病院にとって、この影響はかなり大きいと思います。現行の退院支援加算1(3)の算定は厳しいのですが、退院支援加算2を算定しているという施設はかなりあると思います。しかも、加算は取れないけど、情報伝達はしっかりしようと行っていたところもあると思います。これは積極的に取りにいきたいポイントだと思います。皆さんの施設でも、ぜひ地域連携や福祉相談と相談してみることをお勧めいたします。

 

目次:平成30年度診療報酬改定「個別改定項目について」中小規模病院向けまとめ2018 - 病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

 

参考・引用:中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会総会) |厚生労働省

f:id:isomed:20160119001912p:plain