病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

病院・看護・医療に関する話題の情報トピックスをまとめている備忘録です。旬の話題は診療報酬改定2018。掲載している情報は、必ずご自身で内容をご確認ください。記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、私は責任を負いかねます。

性同一性障害者に対する性別適合手術が保険適用に「Ⅱ-2ー⑥ 性別適合手術の保険適用」診療報酬改定2018

性同一性障害に対する性別適合手術(性転換手術)がついに保険適用となります。中医協発表の平成30年度診療報酬改定「個別改定項目について」から、今回は、性別適合手術の保険適用についてみていきたいと思います。

性同一性障害者に対する性別適合手術が保険適用に「Ⅱ-2ー⑥ 性別適合手術の保険適用」診療報酬改定2018

第1 基本的な考え方

性同一性障害者に対する性別適合手術について、性同一性障害に関する診断と治療のガイドラインに基づき、一定の基準を満たす施設において施行される場合に限って、保険適用とする。

第2 具体的な内容

以下の手術について、性同一性障害者に対する性別適合手術として行う場合の施設基準を定める。

[性同一性障害者に行う場合の施設基準を定める手術の例]
(1) 精巣摘出術
(2) 陰茎全摘術
(3) 子宮全摘術
(4) 乳房切除術

具体的な内容として「手術の例」とあります。男性から女性、女性から男性への両方の手術が適用となります。また、例となっていることから、特に手術内容には指定がないのかもしれませんし、これから指定されるのかもしれません。

[施設基準]
(1) 当該保険医療機関に、性同一性障害学会が認定する常勤又は非常勤の医師が1名以上配置されていること。
(2) 当該保険医療機関において、当該手術の一定の実績を有していること。
(3) 性同一性障害学会の規定するレジストリに登録していること。
(4) 日本精神神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」を遵守していること。

(2)として「当該保険医療機関において、当該手術の一定の実績を有していること」が入りましたので、すでに実績がないと無理ですが、以前より行ってきた施設については、ついに来たと思っていることでしょう。

(4)については、日本製神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」の最新のものとして、2018年1月20日に「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン第4版改」が提示されています。

 

 

目次:平成30年度診療報酬改定「個別改定項目について」中小規模病院向けまとめ2018 - 病院看護医療情報Topicsまとめ(Health and Medical Information)

medical-info.hateblo.jp

参考・引用:中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会総会) |厚生労働省

f:id:isomed:20160119001912p:plain